家を建てたらウッドデッキで寛ぐのが、以前からのご主人の夢だったそうです。

駐車場と庭の境界は当初ウッドフェンスで検討されてましたが、生垣の手入れをしながら,その成長を楽しむのもいいかな・・・と生垣に変更。
枕木とコニファー、そして木製の扉を付けてプライバシーは確保しながらも普段の暮らしの動線を考えてお庭全体をプランしました。

デッキは、椅子に座って寛いだ時に周囲の視線が気にならないように、一部を高めに。そして正面のフェンスは低めにして、圧迫感を感じないようにプランしました。

玄関前には目隠しのフェンスを設置。穏やかな曲線のフェンスならシンプルモダンの建物にも自然に溶け込み,実用性だけでなく雰囲気のあるエントランスに。
そして玄関からパーゴラをくぐって庭へ・・・パーゴラも建物に合わせて、スッキリとしたデザインにしました。パーゴラにつる性の植物を絡ませて、木のぬくもりと植物の優しさが印象的な庭になりますね。