泉区K様の施工例をご紹介します。リビングは南向きで日当たりが良好なので、ウッドデッキを付けて有効活用したいという事でご相談いただきました。リビングの窓が道路に面していて、通行量も多いという事で「カッコよく、プライバシーも確保したい」というご要望をいただきました。

当初は「自然の木のウッドデッキにするか?」「人口木にするか?」相当悩んだのですが、ご夫婦がお二人とも働いていて塗装をする時間がない事と、フェンスのデザインが気に入ったという事ことで人工木に決定しました。元々植えられていた植栽とマッチしたウッドデッキに仕上がりました。まだご入居して間もないので、来年の春には植栽の葉ももう少し育ってもっとカッコよくなるでしょう。秋になれば植栽も色付いてまた違った趣きになり四季を通じて楽しめるウッドデッキが完成しました。

生活に溶け込むウッドデッキ

素敵な外観を崩さないように、外壁の色よりも濃いめのブラウンをチョイスしました。その中に、ご夫婦のお気に入りのりの、アルミ製のフェンスがアクセントを加えてくれています。
日当たりのいい場所ですので、ご夫婦がお休みの日は、イスをおいてご家族でオープンカフェを楽しんでいただいたり、お子様の遊び場にもして頂きたいです。遊ぶだけではなく、洗濯物を干したり、布団を干したりしてウッドデッキを生活の一部として十分に活用していただき、遊びでも、

生活でもなくてはならない家族のとっておきの場所にして頂けたら嬉しいです。

個性的なオリジナル・・・

ご夫婦お気に入りのフェンスは、TOEX製のデザインパネルです。幅が1.2メートル、高さが80センチの大きさでウッドデッキの外観のイメージを大幅に変える事に成功しました。洋風な建物の外観とピッタリのお洒落なデザイン。素材もアルミ制なので錆びの心配もありません。他と差を付けたいという時にはピッタリのオプションです。人工木のお手入れは中性洗剤を薄めた液体で汚れを落として、水で洗い流すだけでOKです。もし傷がついた場合はこの床材は木粉を50%含ませてあるので、60番程度のサンドペーパーで全体をぼかすようにこすってあげると傷が見えなくなります。ぜひ天気の良い日は友好的に使ってワンランク上の楽しみ方を見つけて私にも教えて頂きたいと思っております。