今回は仙台市若林区のS様邸のウッドデッキをご紹介いたします。

プランから内装まですべてご夫婦のイメージでデザインしたという

新しい家は、モノトーンですっきりとまとめられていました。

その住まいに合わせたお庭ですから、もちろんかっこよくしたい!

 

今回のテーマは「マニッシュなウッドデッキ」

 

毎回、ウッドデッキをはじめお庭をプランニングする時には、

テーマを決めるようにしています。

お客さまのイメージであったり、庭の雰囲気だったり・・・

お話を伺う中で自然に生まれてきます。

 

ウッドデッキづくりには、敷地に合わせた使いやすさだったり、

見た目のデザイン性も大切ですが

メンテナンスも考えながら、安心して長くお使いいただけるものを

ご提案できるように心がけています。

 

耐久性というと、最近は主流になりつつある「腐らない木材」に

こだわりがちですが、実際は施工の方法なども重要です。

(詳しくは打ち合わせの時にご説明しております)

完成写真です。

天然木の柔らかな風合いと、余計なものをすべて

排除して、テラスのようなイメージに仕上げました。

耐久性の高い木材でウッドデッキを作る時、

無塗装でも、もちろんいいのですが

木材の変色や・乾燥によるひび割れを防いだり

色で好きなイメージを作る事もできるので

塗装をしてお渡ししております。

とても器用なS様のご主人。

その後のメンテナンスも完璧で、現在もとても綺麗な状態を維持して

頂いてます。

大切にお使い頂けると私も嬉しいです。