初めまして。

宮城フォレストクラブ代表 玉川美子です。

ホームページをご訪問頂き、ありがとうございます。

 

仙台初のウッドデッキ専門会社としてスタートしてから11年。
今年で12年目となります。

起業する時には、こんなに長く続くとは想像もしませんでした。

というよりも・・・

起業するつもりなど全くなかったのですが

気づいたら、ウッドデッキの専門店になっていた

という方が自然のように思います。

きっかけ

12年前は住宅展示場でお茶を出したりお留守番をしながら、住宅プランを書いていました。

 

そんなある日、偶然展示場に訪れた1人の女性との何気ない会話から

「ウッドデッキを作って欲しい」とご依頼を受けた事が私の転機となります。

最初は、軽い気持ちで引き受けた仕事でしたが

ウッドデッキが完成すると、ご近所に住む方から次から次へとご注文を頂き気づけばその通りが「ウッドデッキ通り」に・・・

どれ一つ、同じデザインやプランはなく

お客様のこだわりを直接感じ形にしていく仕事はとてもやりがいがありました。

住宅はプラン図面を書く事しか関わる事ができませんでしたが、

ウッドデッキはプランから工事まで責任を持って見届ける事が出来る

全て私とお客様で打ち合わせをし、形となっていく事がとても新鮮でやりがいを感じました。

寝る間を惜しんで図面と格闘する日々。

それでも完成してお客様の笑顔を見る事が嬉しくて、気づいたらこんなに時間が経っていた・・・というのが本音でしょうか。

仕事をしていていつも感じる事があります。

それは

「ウッドデッキには、お客様の夢が詰まっている」

それがとても驚きでした。

住宅のプランも書く時には

キッチンから、庭への動線。

庭で子供が遊ぶ姿を見守る事できるリビングなど

女性ならではの視点で書くプランを得意としていました。
ウッドデッキの作り方は建築そのもの。
本当に暮らしに溶けこんだ、
使いやすいウッドデッキを作るなら住宅プランの知識が必要じゃないの???
「それなら、これを私の仕事にしよう~!」
早速ネットで調べると、他県にはすでにウッドデッキ専門店がありましたが、

仙台ではまだ1社もなく

気づけば、仙台市で唯一の「ウッドデッキ専門店」が誕生していました。

それからは、ウッドデッキ人気にも後押しされて現在に至っております。
様々なお客様のご要望にお応えするうちに
ウッドデッキだけではなく、

庭全体のプランや、エクステリアの工事も

ご依頼頂けるようになり
3年前には、エクステリアプランナーの資格も取得。
これからも女性ならではの視点で、

「小さい会社だからできる事」にこだわって

丁寧な仕事をしていきたいと思います。

 

【関連記事】 
 
施工事例はこちらから    http://m-wooddeck.com/works/   
完成までの流れはこちらから http://m-wooddeck.com/flow/   
取扱い木材はこちらから  http://m-wooddeck.com/wood-deck/   
【樹脂ウッドデッキ取扱いメーカー】
 LIXIL/ YKK AP/三共アルミ/タカショー/四国化成/MINO
樹脂製ウッドデッキのプラン・お見積りも無料です。
 お気軽にお問合せ下さい。