エクステリアをプランニングする際に、欠かせないのが周辺環境「まちなみ」との調和。

その中でも門周りは、その家の第一印象を決める大切な場所。

建物との調和やライフスタイルも考慮してプランニングしていきましょう。

今回は、門周りの3つのタイプ「オープンタイプ」「セミオープンタイプ」「クローズドタイプ」

それぞれの選び方についてです。

 

開放的な「オープンタイプ」

道路から玄関までのアプローチに門扉や、フェンスなどを設けないプランです。

明るく開放的でひろびろとした印象の庭は、欧米でよく見かけるスタイル。

道路からの視界が良いので、部屋の配置や窓の位置の注意が必要です。

道路と庭の境界を背の低い草花で仕切りをしたり、

アプローチに変化を持たせたプランになるように配慮します。

又、洗濯物を外に干したい場合には、道路からの死角になるスペースを生かすなど

前もって検討しておくと安心ですね。

 

プライバシーを守る「クローズドタイプ」

視線を遮る高さのフェンスや生垣、門柱や門扉などで、

敷地の外周をすべて囲ったプランです。

プライバシーを重視したプランなので、近隣を気にせずに庭で過ごせるのが一番の魅力です。

その反面、道路からの視界が悪いのでセキュリティなどの安全面ではしっかりした対策をしましょう。

門扉や門柱などのエクステリアを建物のイメージに合わせデザインすると、

高級感があり風格があるエントランス空間になります。

庭で小さなお子さんや、ペットと過ごしたいという場合には、道路へ飛び出す心配もないのでお勧めのプランです。

 

 

開放感とプライバシーを両立する「セミオープンタイプ」

「オープンタイプ」と「クローズドタイプ」それぞれの良い所を組み合わせたタイプが「セミオープンタイプ」です。

低めのフェンスや、部分的な目隠しを設置するなど、

隠したい場所と開放的な個所を組み合わせたプラン。

実際はこの「セミオープンタイプ」が一番多く施工されています。

ライフスタイルや周辺との調和を考えたプランを

エクステリアの中でも、門周りでその庭のイメージが決まります。

庭でどんな暮らしをするのでしょうか。

敷地や周囲の住宅環境にも配慮し、まちなみに溶け込む門周りになるように心がけてプランしましょう。

***********************************

【関連記事】

エクステリアのプランニング

お勧めのエクステリア商品~屋根の選び方

お勧めのエクスエリア商品~カーポートを選ぶ3つのポイント