こんにちは。
宮城フォレストクラブ代表 玉川美子です。

 

今日はウッドデッキが欲しい!
と思ったら、是非一緒に考えて欲しい
ウッドデッキに付ける屋根のご紹介です。
屋根があると
ウッドデッキでバーベキューやランチ。
子供やペットとお昼寝したり・・・

働くママには、安心して洗濯物を干せる場所に
なるので、忙しい朝でも天気の心配をしなくても
済みます。

他にも。程よい日陰が陽射しを遮り、
まさに、リビングガーデンとして1年中
庭で過ごす時間を楽しめます。

 

そこで、今回はウッドデッキに付ける屋根には
どんなタイプがあるのか、ご紹介いたします。

 

※敷地や建物の条件によって、
付けられる屋根が限られる場合がありますので
実際に付ける場合には、施工店へご相談下さい。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

目次 

  1. ナチュラルな天然木屋根
  2. 樹脂製のパーゴラ
  3. シンプルモダンな建物には、テラス屋根
  4. オーニングでお家カフェ

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

オリジナルが魅力的、天然木の屋根

 

自然素材の天然木でウッドデッキ
を作ったなら、
やはり天然木で作った屋根(パーゴラ)と
相性がピッタリです。


特に、輸入住宅のように
外壁にレンガを使っていたり
塗り壁で仕上げたような、お庭や建物にも自然素材を
ふんだんに使った建物には、とてもよく似合います。

伝統的な日本家屋をイメージさせるような
和モダンの住宅
にも、趣きを感じる庭になること
間違いなし!です。

天然木で作るメリットはデザインの自由度

エクステリアメーカーで販売されている屋根
は規格が決まっています。

その為、屋根の高さや広さが思い通りにならない事も
多いのです。

その点、天然木なら庭の状況や建物のデザインに合わせて
我が家だけのオリジナル屋根を付けることができるのが
大きな魅力です。

お友達やご近所の目を引き付けること
間違いなしです。

人工木の屋根(パーゴラ)

ウッドデッキに人工木(樹脂木材)を選んだ時には、
屋根も同じテイストで合わせた方が自然です。

でも、天然木で作ったような温かみがある雰囲気が大好き。
という方には、本物の木によく似た風合いを持つ
人工木で使った屋根(パーゴラ)はいかがでしょうか。

各エクステリアメーカーからも、自社のウッドデッキに
合わせた屋根を発売しています。
柱や桁の材料は芯材にアルミを使い耐久性を高め、
表面は木目調のシートで覆うなど
ウッドデッキの雰囲気に、自然になじむように工夫されています。

エクステリア商品のメリットは、オプションが豊富な事。
専用のシェードや照明器具。
物干しの金物の種類が選べたりと、住む人が使いやすい
ような工夫がいっぱいです。

庭全体で、コーディネートすれば
お庭もすっきりと落ち着いた雰囲気に。

※写真は、タカショー「シンプルポーチ」です。

シンプルモダンな建物には、テラス屋根

すっきりとした都会的な印象の建物に
合わせるなら、ステンカラーのテラス屋根
はいかがですか。

より快適に過ごしたいという場合には、
屋根部分を壁で囲ったり、扉を付ける事ができる
タイプなど、プランも豊富です。

ガーデンルーム・・・とまではいかなくても
雨の日や風が強い日には囲いがあるととても便利です。

昼間、ペットが過ごすスペースにしている方もいらっしゃいます。

 

種類が豊富なのは、メリットの1つなのですが、
種類が多すぎて、何を基準に選べたいいか
悩んでしまうというデメリットも。

また、柱材の太さやデザインによっては、
安っぽく見えてしまう場合もあります。
信頼できる業者に相談したり、
メーカーのショールームに行って、実物を
確認しましょう。

 

 

※写真の施工事例では、ウッドデッキは外壁に合わせてダークグレー色。
テラス屋根は、建物のサッシに合わせてシャイングレー色でコーディネートした例です。

オーニングでおうちカフェ

「カフェのように、おしゃれな庭にしたい」
「夏場の陽射しが気になる」

そんな時は、 おしゃれな雰囲気が魅力のオーニング
はいかがですか。

使わない時は、屋根部分をコンパクトに
収納できるので、
屋根を付けた時、家の中が暗くなるのでは・・・
と心配な方でも是なら安心です。
ほとんどのオーニング生地には撥水加工・防汚加工してあり
多少の雨なら心配いりません。

直射日光を遮る日除け効果が高いので
夏場は室内の冷房効率が良くなったり

そして何よりも、好きな柄を選べる点などは
オシャレな庭にしたいという方には
一番の魅力ではないでしょうか。

そんな魅力いっぱいのオーニングですが、
注意して頂きたい点もあります。

オーニングは手動タイプと電動のタイプがありますが
屋根の大きさによっては、手動タイプだと重く感じる
場合があります。

特に奥様やお子さんのように、力が強くない方が
使う頻度が高い場合には、
電動タイプにするか、オーニングのサイズを見直すなど
使う時の事も考えて選んでください。

そして、もう1つ。
オーニングはその構造上、風や重みに弱い商品です。
多少の風でしたら、大丈夫なのですが
台風のように強風が予想される時や
大雪が降りそうな日には、
必ずボックスに収納してください。

 

屋根ではありませんが・・・
もっと気軽に室内の目隠しや、
夏場の日よけ対策としてお勧めなのがスタイルシェード
取付も簡単で、コストもとってもお手頃なので、
こちらも是非、ご検討下さいね。

ウッドデッキにお勧め「スタイルシェード」

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

ウッドデッキで快適に過ごすには、
屋根は是非、考えて欲しいアイテムです。

後からでも、気軽に取り付けられる商品もあれば
ウッドデッキを作る時に、一緒に付けたい商品まで
色々ありますので、参考にしてくださいね。

そして色々な種類がある中で
どんな屋根がいいか迷ったら
お気軽にご相談くださいね。

 

 

【関連記事】 
施工事例はこちらから    http://m-wooddeck.com/works/  
完成までの流れはこちらから http://m-wooddeck.com/flow/   
取扱い木材はこちらから  http://m-wooddeck.com/wood-deck/   
【樹脂ウッドデッキ取扱いメーカー】
 LIXIL/ YKK AP/三共アルミ/タカショー/四国化成/MINO
※樹脂製ウッドデッキのプラン・お見積りも無料です。
 お気軽にお問合せ下さい。