最近のウッドデッキの傾向は、塗装などのメンテナンスが不要な手軽さからか樹脂製のウッドデッキが人気を集めております。
今日は今迄のウッドデッキのイメージを一新する、三協アルミの新商品ウッドデッキ「ラステラ」をご紹介致します。

◇木目調のウッドデッキだと、シンプルな建物に合わない。
◇庭にコンクリートを敷いて、タイル張りのテラスを作りたいけど、予算が気になる。

そんな方は「ラステラ」を手に取って頂きたいと思います。
まるでタイルのようなモダンな外観がかっこいいです。

そして、従来の樹脂性ウッドデッキが左の写真です。

「ラステラ」は今迄のウッドデッキと、見た目の印象で大きく違うという点に気付いて頂けたと思います。

従来木の温もりにプラスチックの持つ耐久性を加えたもの・・・というイメージとは全く違い「ウッドデッキでテラスを作っちゃおう~!」という新しい発想で作られた商品です。

 

さらに詳しく商品の特徴をご説明致しますね。

 

1.高級感

今迄の商品と同じように、樹脂に木粉を混ぜて作られているのですが、見た目がマーブル模様。                             まるで大理石のようなデザインです。
そして、一枚の床板の幅が274mmと幅広くなり、高級感が感じられます。

実際に触ってみるとタイルよりも温かみを感じます。
これはきっと、材料に木の粉が混ざっているからでしょうか。
ウッドデッキの温もりと、タイルのシンプルなデザイン!
両方のいい所を集めたような商品です。

色もモダンな住宅に合わせやすい4色のカラー展開です。

 

2.施工が速い

庭にタイルでテラスを作ろうとすると、
コンクリートを打って、その上にタイルを1枚1枚貼っていくという手間がかかります。
そして、一度作ったら解体するのは大変な作業です。

「ラステラ」はあくまでウッドデッキなので、組み立てる工事だけなのでタイルに比べ工期も大幅に短縮されます。
その分、工事費もコストパフォーマンスにも優れています。

※ご参考までにカタログ掲載価格は、
1.5間×6尺(2,820×1,967)で¥239,800~。

だいたい3.3帖に相当する広さです。開催中のモニターキャンペーんの詳細に尽きましてはこちらから。

3.耐久性

こちらも従来の樹脂製デッキのいい所はそのままですよ。
耐腐性・耐久性・耐候性に優れているので、ウッドデッキの塗り替えは必要ありません。
お手入れが気になる方、忙しい方や女性にも安心しておすすめ致します。

今迄のウッドデッキにピンとこない方。
コンクリートのテラスをお考えの方。
是非一度、「ラステラ」をご検討下さいね。

現在、「ラステラ」をモニター価格で作れるキャンペーン実施しております。

キャンペーンの詳細はこちらをご覧ください。