ウッドデッキは我が家のリビングの一部。

家族やペットと過ごしたり、趣味を楽しむ場所として使っている方も多いと思います。

暮らしの一部になっているのなら、なおさらの事。

綺麗なウッドデッキなら、いつも気持ち良く過ごせますね。

 

そこで今回は人工木材、又は樹脂デッキと呼ばれている

ウッドデッキのお手入れ方法についてです。

 

普段のお手入れ方法

 

人工木・樹脂製と呼ばれているウッドデッキは、

プラスチックに木の粉を混ぜて作られています。

プラスチックの持つ耐久性と、天然の木が持つ柔らかな風合い。

いい所をミックスさせた素材なのです。

その反面、プラスチックだけで作られた製品よりも、傷が付きやすく

水ジミが出来やすいという特徴があります。

埃や砂が溜まった状態になるとカビも発生しやすくなります。

普段のお手入れとしては、定期的に掃き掃除をして埃が溜まらないようにしましょう。

 

シミや汚れが出来てしまったら

 

雨が当たる場所と当らない場所がある場合

雨が当たっている場所に、水ジミが出来るケースがあります。

特に使い始めのうちは気になるかもしれません。

そんな時は一度ウッドデッキの全面に、まんべんなく水をかけてから

水分を拭き取ると気にならなくなります。

 

それでも、汚れや雨ジミが気になる時は

中性洗剤を薄めた液を柔らかいスポンジ

やブラシにつけて汚れを落としてから、

洗剤が残らないように充分に水で洗い流して下さい。

この時、金属性のブラシなど、堅い物でこすってしまうと傷が付く原因となってしまいます。

必ず、柔らかいもので、少しずつ落として下さいね。

 

カビや頑固な汚れには

 

ウッドデッキに黒い斑点のようなものが出来てしまったら・・・

それはカビが発生したのかもしれません。

湿気が多い場所や、埃や砂が溜まった状態は、カビの発生の原因となってしまいます。

カビを発見したら、家庭用のカビ取り剤(カビキラーのようなもの)で対処します。

一度全体を水洗いしてから、しっかり乾燥させて下さい。

その後、カビ取り剤をスプレーしそのまま暫く放置します。

この時、こすったりしないようにご注意くださいね。

最後にカビ取り剤をしっかり水で流します。

カビも、早期発見が大切です。広がらないうちにお手入れしましょう。

 

傷がついてしまったら

 

人工木・樹脂性のウッドデッキは、傷にとても弱いです。

デッキの上に椅子やテーブルを置く場合には、

傷が付かないように、気をつけてお使い頂くようにお話しているのですが

それでも、傷がついてしまった場合には

付属のサンドペーパーで、長手方向に軽~くこすって下さい。

この時、力を入れて削ってしまうとデッキの下地が出てしまいます。

くれぐれも力を入れ過ぎないようにご注意下さい。

 

次回は、天然木のウッドデッキのお手入れについてお話します。

塗装の手間が面倒でなければ、実は天然木のお手入れはとてもシンプル。

居心地のいいお庭で過ごす為にも、愛情を持ってお手入れして下さいね。

 

************************************

【関連記事】

木目調ウッドデッキ「木彫」

人工木ウッドデッキで「モダンガーデン」

天然木材と人工木材の違い

大理石調ウッドデッキ「ラステラ」のご紹介5